読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Heart&Hand

楽しく、焦らず、ありのままに。

どれも必要ではあるのです。

こころの話 受講中 ひとりごと

ヒプノセラピー講座の日。

内心ネガティブ思考炸裂。

私は面倒くさがりだし、不真面目である。
勉強は嫌いだし、物覚えも悪い。
常に「できない〜無理〜」と叫んでいたい。
でも、できる人でいたいとか、かっこいい私でいたいなんていう見栄っ張りな部分がある。
言い訳したいけど言い訳したくない。
理想と現実のギャップにうなだれる。

理想をもつことは悪くない。
それが幸せにつながることならば。
それでも元々の性質とか向き不向きってものや、気力や体力ままならない時だってある。
けど私の中の厳しい私は変わらず思う。

  • 仕事は誠実に絶対に間違わないように。
  • 学びはきちんと真面目に完璧に。
  • 他者から受ける全てのもの、知識、時間、愛、金銭とか、それらには全力で誠実に。
  • 選んだこと、望んでやっていることに言い訳しない。言い訳は相手に失礼だ。

……ど正論。ど直球。
それはもう形式美のようになっていて、崩す事は罪みたいに感じている。
そこが問題。
まったくねぇ。。
心の中は汚部屋だと自称する人間が形式美を語る矛盾。
が、人というのはギャップや矛盾の塊だ。
ギャップや矛盾だらけの私を嫌いだ…とは、最近それほど思わない。というよりそう思うとすぐさま己にツッコミをいれるシステムが出来上がっている。

そもそも長い間私を守るために頑張ってきた思考ではある。
が、今なおその思考と共に生きようとする私の一部にこう呟く。
「諦めなされ。できないことはできないで今は良し。」

誰のために何のためにやっている?
自分のためなんだよね、結局は。
まずは自分が楽しみたいし、面白がりたいし、自分が好きでいたい。
それが結果的に誰かを同じように楽しませることになればいいと考えてるし、そんな私でいることがきっと一番心地よいのだ。

諦めの中に真実、というかまた違った面があり、それが安らぎや面白さを運んでくると知るこの頃。

…と、ここまで心の中のザワザワとの対話。
とてもメンドくさい奴である。


講座では、気持ちが通じるありがたさなど感じつつ長年の思い違いに気づけた。
自分を信じる姿勢も学ぶ。
それは仕事というか、人との関わり方に対しての大きなヒント。
ありがたい。

頑張ろう。
私のペースで。

今日の3good

ひとりごと 日常

よく学んだ。
よく歩いた。
よく食べた


https://www.instagram.com/p/BSBWrJih57l/
大きな思い違いに気づく。幾つになっても気づけるし、自分で選択できる。それがとても嬉しい。

お疲れにゃん

日常 ひとりごと

母の送迎を請け負った。
「請け負う」と言ってしまう時点でお察しなのだが、まぁいろいろ親子とはいえあるわけで。

しかし、今回は自分がそうしようと決めたことなのだ。
心穏やかに過ごせるよう祈りつつ家を出発した。

途中、ちびっ子の私がふくれっ面してるのを感じながらも用事を済ませ帰宅。

家に帰ってホッとしたからか、「も少し思いやりを持ち接すればいいのに。」
などと「普通」を愛する私の厳しい押し付けがムクムク登場しだし、疲労感増し増し状態となる。
全く、この「普通」ほど厄介なものはない。
なんだかちっともわからないが、今の状態ではないはずだとジワジワ圧をかけてくる。

今の状態が最善なんだよ。もう。。
と、ふて寝を決め込むと「俺様も寝る」と猫がスッと側に来てくれた。
癒しのかたまりさん、ありがとう。

私はできることをよくやった。
それだけでよいのだ。

https://www.instagram.com/p/BRk0lrDBUUF/
今日の3good 。よく頑張った。おやつ美味しい。ニャーコ先生が今日も可愛い。

今日の3good

日常 お出かけ

https://www.instagram.com/p/BRf66XLhXJO/
今日の3good 。良い天気だった。変わらない日常を喜んだ。楽しく歩いた。

感情を味わう

日常 こころの話 ひとりごと

人を思いやるフリをして、さりげなく自分の不満を織り交ぜて話をされ悲しかった。

直後、反射的に相手や自分の立場とか、いろいろストーリーをこさえてごちゃごちゃ考えてしまいそうになったけど、「それちがうわ。」と。
「悲しい」という私をそのまま悲しませてあげよう。と、思った。


https://www.instagram.com/p/BRaqNmZhr-8/
今日の3good 。素敵なお店を見つけた。塩パン美味しい。好きなことで人を励ます様を見た。

今日の3good

日常 ひとりごと

https://www.instagram.com/p/BRYHc1BBNUn/
モヤモヤした瞬間、無心になる事を選んだ自分グッジョブ。今日の3good 。良い散歩。美味しいパン。楽しさのおすそわけ。

違いをいとおしむこと

日常 こころの話 ひとりごと

https://www.instagram.com/p/BRVVcz4h2Ni/
人との関わりで傷ついた心を慰め励まし勇気をくれるのも人との関わり。今日の3good 。ある動画に考えさせられる。まずは自分とあらためて思う。猫たちにも癒しをもらう

頑張る人にいつも励まされる。
けれど、ちょっと無理しすぎじゃない?とか、何か別の方法があるんじゃない?とか、時に考え込んでしまう時がある。
それはその対象である人が(私には)弱ってみえると認識した時に発動することが多い気がする。
他者の問題を自分の問題にすり替えてしまう瞬間。
その支配的な自分は「幼児的万能感」からきている。

幼児的万能感とは
自分はなんでもできる。
何にでもなれる。
そんな感覚。

希望や願いや夢は心に喜びを運ぶものではあるけれど、それは魔法のようにパッと叶ったり、待っていたら誰が目の前に用意してくれるものではない。
…と、成長していくにつれ、だんだん理解して大人になる。
「そんな事はわかってる!」と大人の私は思うが、この幼児的万能感を持つ私も今なお存在していることは間違いない。
しかも今はそれが自分にではなく、他者に向くのがパターン。
人を変えたいと思うことも、なんでも自分のせいだと考えることも、「なんでもできる私は人の思考や反応もコントロールできる」と思っている幼児的万能感があるからこそだ。

皆自分のことは自分が選択している。
葛藤に苦しみながらも自分なりのやり方で。
それは特別なことではなく皆におこること。
自分自身にも日々起こっていること。


今日、頑張る人が選択したものを見る機会があった。
私にはその人は傷つき疲れボロボロで無理をしているように見えていた。

それでいいの?大丈夫?とザワザワする心の中の私を「よしよし」となだめた。
その傷は私のものではないし、誰かに治してもらうものでもないよ。
無理とか大丈夫とか決めつけてはいけない。
…そんな事を考えながら。
そして画面の向こうのその人に「私も頑張る。」と呟いた。