読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Heart&Hand

楽しく、焦らず、ありのままに。

王子と私の塊魂

自分らしくといいながら、その自分を好きになれないで落ち込む。
自分のやり方で進みたいのに誰かの言われた通りにしてしまう。
矛盾の塊。
何故そうなる。
それは自信がないからだ。

「自信とは自分を信じること。」
と、私の心の大事な領域に置かれている「真理」

自信には好き嫌いは関係ない。

が、
・自信をもつ=「信じられる自分」=「良い自分」=「好きな自分」
・自信がもてない=「信じられない自分」=「悪い自分」=「嫌いな自分」

と、なんの疑いもなく、何も考えず、無意識にラベルを貼る。

自信=信じられる=好き=良いもの
という図式。
でも本来好きだろうが嫌いだろうが、良かろうが悪かろうが自信をもつことはできる。
信じられそうな自分ではなくいろいろ諸々あるそういう自分が自分なのだと思い信じることなのだから。
自信=自身
人は矛盾の塊だ。


塊塊考えていたら思い出した。

塊魂」というゲームがある。
小さな王子が、王様の指令を受けフィールド内のなんでも巻き込んでどんどん塊を大きくしそれを宇宙に飛ばして星にする。

始めは小さな物しか巻き込めないが、塊が大きくなると巻き込める物のサイズも大きくなりさらに大きな塊になる。
巻き込んだものの内容にはそれほどこだわらないけれど、作った塊が大きいほど王様に褒められる。

たまに蟹座を作ろうとか牡牛座を作ろうとかで蟹や牛を巻き込めとかのお題も出るが、100%蟹とかではなく最低数を提示してくれる。
でも、作るなら純度の高い蟹座とか牡牛座を作りたいじゃないか。
と、100%牛をつい目指してしまう。
けど無理なのだ。大抵は別のものも巻き込んでしまう。
しかもそんな頑張りを笑うかのように、大量の蟹の塊とか牛の塊に対し王様は褒めてくれつつも「気持ち悪い。」と言ってくる。
お題を出した本人なのに。
ひどい。

そうやって褒められたり、貶されたりしながらも王子は黙々と転がし巻き込み、星を作り続ける。
宇宙から消えてしまった星々の輝きを取り戻すために。

転がし巻き込んで塊を大きくする。
ただそれだけの単純なそのゲームが大好きで夢中になって遊んだ。



最近強く思う。
心が関わることでは100%なんてあり得ない。
そもそも矛盾の塊なのだから。
それと人は変わるのだから。

好き嫌いは変わらないと思っていてもいつか反転するかもしれない。

で、気づいた。
そういう不確かなものに真理を紐付けしちゃってたよ、ワシ。



ゲーム内の王子と同じように、私の目の前にもいろんなものがある。
日々の出来事、様々な経験や人との関わり、いろんな想い。
その一つ一つの好きも嫌いも、出来不出来も、また特定の何かだけを大事にすることも私の「自信」の重要事項ではない。
「私自身」がここにいるということが一番大事なのだ。

障害物にぶつかり作った塊が壊れるように自信を失くしたり、作っている塊が何かに挟まり動かせないように身動きが取れなくなるような出来事があっても、王子と同じく褒められたり貶されたりしながらまた小さな物から転がしていればいつのまにか障害物だと思っていたものが巻き込めるようになることも、ジタバタともがいていたら何かの拍子に動けるようになることも、自身を失わなければできるのだと思った。

自信=自身という、ごちゃごちゃでも矛盾の塊でも代わりのない私の星をこれからも作っていく。
目の前にあるものを転がし巻き込み大きな塊にしていくかのように生きていくのだ。
宇宙に飛ばしたら誰にも見えない星かもしれんが、私が知っているからそれでいい。