読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Heart&Hand

楽しく、焦らず、ありのままに。

好き嫌い

「自分は悪くない。これは仕方のないことだ。」
と、言っている人がいた。
この言動にもいろいろと思うところはあるのだが、今回はその発言主を肯定する人、否定する人、それぞれの意見のやりとりを見ての話。

否定派も肯定派も「守りたいもの」は共通している。
なのに見事に平行線だった。

私は、否定派の言う事に共感しつつもそれは正義の押しつけでは?と、感じる部分はモヤモヤしたし、肯定派に対して「いや、あり得んだろ」と拒否反応を覚えても私の知らない事情や心情がありそれを無視したり軽んじる権利はないよなぁと思った。

それでも、様々な苦労をしていると思われる否定派はさぞかしイライラするだろうなぁと聞いていた。
しかし、自分は関わってもいない相手のやり方を、依頼されてもいないのに変えようとするのはどうなんだろう。

思考を善と悪にカテゴライズし、自分とは違う考え、自分が認めない考えは悪で、正すべきと思っていると相手を変えようとするし、それが受け入れられなければあちらは最悪だと言い続けなければならないだろう。

そして努力してるから、苦労してるから、学んでいるから、人を馬鹿にしたり、考えを押しつけたり、傷つけて良い訳ではないよとも思った。

肩透かしやら同じ事の繰り返しにウンザリすることを愚痴ってもいいし、やはり自分が正しいと確信するのも別にいい。
が、複数の理解者や自分と思考が似ていると思った人々を巻き込む形で様々な人の目に触れるように行うという事は、愚痴というより集団disりっぽい。
私は否定派に対してどちらかと言えば心中お察ししますという感じだったから、そんなふうに正しさを主張せんでも…。とその行動を残念だ、それ好きじゃないなぁと感じた。

そうなのだ。これは私の好き嫌いの話だ。
私はその方法は嫌だというだけ。

そして、かつて正しいか間違いかの二択にとても苦しめられていた私は、ただの好き嫌いとして考える方が折り合いがつけやすいのでは…と今は思っているんだな。

誰かの問題で頭をいっぱいにしそうな時ほど自分と向き合う事が大事。

https://www.instagram.com/p/BL596NJh1fb/
今日の3good 。溜め込んでた家事を攻略。頭使った。スープパスタ美味しい。